PAN惑星芸術ネットワークは、星の力で束ねられる

世田谷美術館

今日KIN89は「13の月の暦」の提唱者の一人であるホゼ・アグエイアス博士の銀河帰還KIN。

昨朝、時のからだ塾に参加されているSさんが、世田谷美術館で行われる興味深い催しを知らせてくださった。世田谷美術館とは、天真書法塾シャンバラ教室の毎年の作品発表会の会場であるが、私(L)がこの会場にこだわる理由(シンクロ・縁)はいくつもある。

最大の理由は、この美術館を貫く美の力。
都内有数の広さを誇る砧公園に位置し、建物も明るく開放的でエレガント。しかも空間は変化に富み緑に溶け込んで気持ちが良い。シャンバラ教室生達にベストな作品発表の場を提供したいと願う私にとって、これ以上の環境はない。

しかし実は、他にも決定的な伏線、動かしがたい理由が私にはある。ちょっとだけ紹介しよう。

その1)メキシコ・パレンケの碑銘の神殿ピラミッド内部の、パカル王の石棺レリーフ拓本の実物がこの美術館に収蔵されていること。つまり、私にとって世田谷美術館はかつて訪れたパレンケ、そしてパカル王と直結する。誰であれ、13の月の暦のユーザーだったなら、その人にとってパレンケとパカル王の名は特別なものであるはずだ。

その2)数年前、会場の下見に訪れた時、普段は公開されていない、パカル王の石棺レリーフ拓本が一般公開されていたこと(その美術館の収蔵であっても常時公開されているわけではない)。更に同時に開催されていたもう一つの展覧会は「志村ふくみ」さんであったが、志村さんの銀河の署名はKIN245(=天真書法塾を創設した青木天外先生)であること。

パカル王と青木先生にお墨付をいただけば決まりである(他にもおびただしいシンクロがあるけれど省略)。

ところで、冒頭の「時のからだ塾生のSさんが、世田谷美術館での興味深い催し」を知らせてくださったことに話を戻す。それは『作品のない展示室』という催しで、世田谷美術館の空間そのものを主役として展示作品に見立てるというものだ。昨今の大厄災で通常通りの展示が行えなくなってしまったことから生じたアイディアとはいえ、というよりは、このような空無の状況にあって孤高に輝ける空間が素晴らしい。Sさんが知らせてくださったことで、世田谷美術館を設計した内井昭蔵氏の名を改めて意識した。

ところで、先日の夏至に大分で「13の月の暦のワークショップ」(こちらのミラクルな時間についてはまた改めて)が開催された。PAN大分の田中さんがそのアイディアを育て主催してくださり、当日のワークショップの会場に選んでくださったのは「大分市美術館」というとても素敵な場所。緑豊かな「上野丘子どものもり公園」にあり、緑の丘からは大分の海と山が見渡せ、最高に美しい環境だった。

大分市美術館

「気持ちの良いところだな〜、緑の溶け込み方といい世田谷美術館と雰囲気がよく似ているな〜」と思っていたら、大分市美術館も内井昭蔵氏によるものだった!(世田谷は1986.3.30に。大分はその13年後の1999.2.17オープン。)

大分と世田谷。会場が選ばれる目的も時期もプロセスも全く異なり、片や世田谷にはパカル王の石棺レリーフ拓本が収蔵されていて、片や大分では13の月の暦のワークショップが行われるのだから、驚きの展開だ。夏至のワークショップ(6/21)からシャンバラ教室発表会初日(7/2)までわずか11日間。一年は365日もあるというのに、時間も空間も今ここに集約してしまう不思議さ。しかしこれこそが「惑星芸術ネットワーク(Planet Art Network=PAN)」とは言えないだろうか?

ちなみに(時のからだ塾に参加されている)SさんはKIN143(=マイケル・ジャクソン)だが、昨日(6/25)はマイケルの命日であり、アントニオ・ガウディの168歳の誕生日であった。ガウディ(KIM128)の紋章は黄色い星、内井昭蔵氏(KIM188)も黄色い星。そしてこの一連の流れを意識した昨日(KIN88)も黄色い星であった。

かくして惑星芸術ネットワークは、星の紋章の担う力、美と芸術、気品の力によって束ねられる。(L)

・惑星芸術ネットワークについては、パンジャパンライブラリーを。
・『天真書法塾シャンバラ教室 世田谷美術館ギャラリー展』は7/2(木)より。
・『作品のない展示室』は7/4(土)スタート。

水晶の月28日 11・月(KIN89)

人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

★「青い月の嵐の年」へのスペシャル暦セット期間限定受付中!

《13の月の暦ワークショップ》
・7/24(祝)18:00神楽坂セイギーヒー「挑戦」の波に乗る『13の月の暦』
・7/25(土)13:00時間をはずした日の集い(詳細は近日中にご案内)
・7/26(日)11:00横浜ナディア「13の月の暦」元旦スペシャル

《天真体道瞑想クラス》
・6/27(土)18:00上野毛
・7/9(木)10:00 二子玉川
・7/14(火)19:00二子玉川
・7/21(火)19:00上野毛
・7/26(日)16:40横浜

前の記事

UFO写真とUFOの日