春分の新刊出版記念イベント/大阪

今日、2/6(KIN109)から、特別展「古代メキシコーマヤ、アステカ、テオティワカン」が、大阪・中之島の国立国際美術館で開幕しました。

パレンケ「赤の女王」(パカル王妃)が北中米以外のエリアで公開されたのは初めての事ですが、東京、九州と巡った今回の特別展も、5/6(KIN198)までの90日に渡って行われる大阪での展示で締めくくりを迎えます。このビッグウェイブにシンクロして、2月下旬に新刊『自分で感じ、自分で決める13の月の暦』が発売されます!

この特別な機会を記念して、マヤ遺跡チチェン・イツァのピラミッドにククルカン(ケツァルコアトル)が降臨する「春分の日」に、「赤の女王」展示会場の至近距離(3キロ以内)にある大阪チャクラで特別講演&サイン会を行います。

『13の月の暦』入門書の更に一歩手前の「手びき書」的な側面を持つ本書には、こよみ屋さんの協力を得て生み出されたオリジナルの「特別仕様・付録カレンダー」が同封されます。来年以降の全ての年(52年分)の暦を自分で作れる枠組みと「運命の道筋」を記入できる一覧表が組み込まれたこの付録は、暦の理解を深める非常に優れた教材となるでしょう。

当日は、本書制作プロセスでの驚くべきシンクロや、文中QRコードを活用して資料サイトや計算アプリを使うやり方などを紹介しながら、この付録の活用法と時空サーフィンの極意をお伝えする予定です。

尚、本イベントの参加には、新刊(本体3,300円+税=3,630円)が必須となります。2月下旬には書店、WEB書店での発売が予定されており、購入された本を持参する形での参加も可能ですが、当日までにお手元に届いていない場合や持参し忘れた場合、イベントに参加できなくなる可能性がある事を予めご了承下さい(忘れた場合も会場で購入すれば参加可能です)。


春分の新刊出版記念イベント/大阪

★日 時:3月20日(祝)13:20~15:50
場 所:大阪チャクラ(京阪&地下鉄北浜or地下鉄南森町から徒歩8分)
参加費:サイン本付き  6,600円(書籍代3,630円込み)
_____新刊ご持参形  3,300円
定 員:22名(先着順で定員になり次第受付を終了いたします)

*クリカ会員の方は会員割引があります(受付時にお知らせします)

お申込み
下記「お申込みフォーム」から、ご本人がお申込みください。追ってこちらから確認メールをご返送します。敏速な返信を心がけておりますが、通信事情やキャリア等によりメールが届かないケースがございます。Gmailの場合、受付メールが「すべてのメール」や「迷惑メール」に振り分けられている可能性もありますので必ずご確認下さい。もし2日間経ってもこちらからの返信が届かない場合は、お手数ですが、メール(→クリックでご連絡下さいますようお願いいたします。

*お寄せ頂いた個人情報を外部へ漏らす事はございません。


お申込みフォーム