「銀河の季節」と「極性キン」

『13の月の暦(ドリームスペル)』では、今日、KIN250(3・犬)から「白い銀河スペクトル:犬の季節」の65日間が始まった。私は「白い銀河の季節」という表現の方が馴染むので、本稿ではそちらを用いるが、典拠となる『ドリームスペル』では、「白い銀河スペクトル」か「犬の季節」がより正確な表現である事を、最初に明記しておく。

『13の月の暦』の20:13型ツォルキンには、「赤い蛇」「白い犬」「青い鷲」「黄色い太陽」と、銀河の音「3」「10」「4」「11」が重なる合計16ヶ所に「♢マーク」が記されている。それに該当する日付を「極性キン」と呼ぶ。「銀河の季節」「銀河スペクトル」も含め、これらは『ドリームスペル(13の月の暦)』オリジナルの呼称で、マヤ暦に起源を求めることは出来ない。

『マヤン・ファクター』にも、同じ区切りのものが登場するが、その時点では、まだ「火を燃やす首長の周期」や「ツォルキンの季節」などと呼ばれており、「極性キン」とか「銀河の季節」という表記は無い。「銀河の音」も単に「数字」としか書かれておらず、その意味も『ドリームスペル』とは若干異なっている。

なぜなら、『マヤン・ファクター』は、1990年に発表された『ドリームスペル』より3年ほど前の1987年に書かれた本だからだ。また、より根本的な注意点として、私達がしばしば目にする20:13型ツォルキンは、ホゼがラコタ族の作家トニー・シーラー経由で1970年代に知る事になった特殊バージョンで、マヤ遺跡に残る碑文や焚書を免れた絵文書からは見つかっていないタイプのものである事を、押さえておく必要がある。

そして、ホゼはその特殊バージョン・ツォルキンの研究過程を『マヤン・ファクター』で発表し、ひとつの完成形としてロイディーンと共に『ドリームスペル(13の月の暦)』を発表したのである。従って、65日からなる「銀河の季節」も、『ドリームスペル』では「ウェイブスペル」と結び付けられて解説されているが、『マヤン・ファクター』ではそういう説明はなされていない。

前置きが長くなったが、「銀河の季節」と「極性キン」に関して、『ドリームスペル』にはどのように書かれているかを、実際に追ってみよう。以下は、『ドリームスペル』日本語版 第2剃(P93~94)からの部分引用である。尚、私とLは、この日本語版制作チームの一員で、マニュアルのP188(最終ページ)に他のメンバーと共に名前が記されている事も書き添えておこう。

極性キンとスペクトル・スピン
キンの書で、極性地球家族の4つの部族は、4つの等しい部分の銀河スピン、スペクトル、銀河の季節と呼ばれるものをコード化する。
赤い銀河スペクトル:の季節
白い銀河スペクトル:の季節
青い銀河スペクトル:の季節
黄色い銀河スペクトル:太陽の季節

それぞれのスペクトルは、65キン、260 キンの銀河スピンの4分の1に等しい。これらの65キンの四半分それぞれは、4つの銀河の「季節」である。それぞれの季節は、根源元素の変容的な力:黄色い火、赤い血、白い真実、青い空──を再現する。

キンの書で、4つの極性地球家族のキンのそれぞれは、銀河スペクトルの創造的な能力を特徴づける4つの役割の1つに4回現われる。
音 3 の極性地球家族は、4 つの銀河スペクトルの 1 つを確立する。
音 10 の極性地球家族は、4 つの銀河スペクトルの 1 つを拡張する。
音 4 の極性地球家族は、4 つの銀河スペクトルの 1 つを変換する。
音 11 の極性地球家族は、4 つの銀河スペクトルの 1 つを輸送する。

それぞれの65キンのスペクトルは、13の色彩で構成されている。

音 3 は、20 キン(4 つの色彩)を確立する。
音 10 は、20 キン(4 つの色彩)を拡張する。
音 4 は、20 キン(4 つの色彩)を変換する。
音 11 は、5 キン(1 つの色彩)を輸送する。

4つの銀河スペクトルのそれぞれは、運命の城の4つのウェイブスペルの1つへと置き換えることができる。そこでは、1つのキンが、1つの5キンの色彩と等しい。音3、10、4、11ではじまる4つの色彩は、それぞれ運命の城のウェイブスペルのそれぞれの、磁気の門、倍音の塔、太陽の塔、宇宙の門に対応する。

ここまでが引用である。ドリームスペル特有の謎に満ちた説明となっているが、具体例があると、もう少しイメージがし易くなると思うので、ちょうど今日から始まった「白い銀河の季節」で考えてみよう。上記解説の主なポイントは、65キンの「銀河の季節」は、13の「銀河の音」からなるウェイブスペルに圧縮できるという所だ。これは、1つの「銀河の音」に5キンずつを対応させて行く事を意味する。

以下、「銀河の音」を「音」と省略して書いてみる。
音 1=KIN250〜254
音 2=KIN255〜259
音 3=KIN260〜4
音 4=KIN5〜9
ここまでが「冒険のウェイブスペル」における「行為の基礎を確立する」に対応する。
音 5=KIN10〜14
音 6=KIN15〜19
音 7=KIN20〜24
音 8=KIN25〜29
ここまでが「冒険のウェイブスペル」における「行為のリズムを拡張する」に対応する。
音 9=KIN30〜34
音10=KIN35〜39
音11=KIN40〜44
音12=KIN45〜49
ここまでが「冒険のウェイブスペル」における「行為を変換する」に対応する。
音13=KIN50〜54
ここまでが「冒険のウェイブスペル」における「輸送する」に対応する。

こうしてみると、「♢マーク」の入っている日付は、「冒険のウェイブスペル」における「磁気の門(音1)」、「倍音の塔(音5)」、「太陽の塔(音9)」、「宇宙の門(音13)」に対応する5日間の初日に付されている事が分かる。つまり、「極性キン」とは、65日を13日のウェイブスペルに圧縮した時の「門」と「塔」の目印のようなものなのだ。

だからどうだという説明は、『ドリームスペル』ではなされない。この美しい法則(関係性)をどう捉え、どう活用するかは、自分次第である。一つ言えるのは、このような見方が分かった人にとって、ツォルキンは、単なる20:13マトリックスではなくなり、意味不明だった「♢マーク」は、重要なタイミングを教えてくれるサインになるという事だ。

今日というタイミングにちなんで「白い銀河の季節」を例にしたが、他の3つの季節でもこの法則は変わらない。唯一、違いがあるとしたら、「白い銀河の季節」だけがツォルキン2枚分を橋渡しする特別な「銀河の季節」である、という点だろう。間も無くやってくるその飛躍(魔術飛行)は、圧縮された「銀河の音3」の5日間の中で生じる。(D)

太陽の月13日  3・犬(KIN250)

人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

「13の月の暦」クラス
★4/5(日)渋谷「テレクトノン」
★4/12(日)オンライン「13の月の暦」
天真体道瞑想クラス
【モーニング・クラス 10:00~11:00】
3/31(火)
【イブニング・クラス 18:00〜19:00】
3/28(土)上野毛