フィレンツェの薔薇水(KIN253)

フィレンツェの薔薇水

世界最古の現存する薬局〜サンタマリアノヴェッラ薬局の看板商品「ローズウォーター」。最古のレシピを誇る薔薇水とのことで、ペストがトスカーナに大流行した時には、家々の消毒にも使われたそうです。

純粋な蒸留水ではないので、肌の敏感な方にはおススメではないのかもしれませんが、私はとても気に入っています。香りの甘ったるくないところが良いのと、一番の理由はやはり、フィレンツェへの時空の扉を瞬時に開いてくれる魔法の薔薇水だから。

サンタマリアノヴェッラ薬局本店は、この薬局を訪ねるためにだけフィレンツェに行っても後悔しないほどの特別な場所です。(日本の支店からは想像すらできないと思います。やはりトスカーナの大地と歴史があってこそのものなのでしょう。)

★ご興味のある方は「フィレンツェ田舎生活便り2」の記事を是非どうぞ!
「世界最古の現存する薬局〜サンタマリアノヴェッラ薬局」の裏話
何と!レオナルド・ダ・ヴィンチがこの薬局の為に開発したと言う、ガラスのビーカーの写真も掲載されていますよ。(L)

共振の月22日/KIN253 赤い律動の空歩く者